緑の多い一戸建て

借りる際の注意点

何事にでも取り組むときにはそれに関する正しい知識を身につけてから取り組むことが重要です。
正しい知識がないとリスクがあってもそれを管理することは出来ません。
金融機関からのローンについても知っておくべきことがあります。
最近はカードでキャッシングが出来ますが、キャッシングで引き出した金額は実質的にはローンです。
金額が少額なため無担保でも借りれます。
不動産を購入する時に金融機関にローンを申し込むと返済能力があるかどうかの審査を受けることになります。
たとえ返済能力があると認められても無担保というわけにはいきません。
購入した不動産に他に公的な借り入れが無ければ第一順位で抵当権が設定されます。
抵当権の設定費用も借主が負担します。

金融機関では個人に対して様々なサービスを行っています。
昨今は企業が潤沢に資金を持っているため金融機関は貸出先に困っています。
必然的に個人の住宅ローンや不動産投資に対する貸し付けは有力な商品になったと言えます。
特に、今年から相続税が実質増税になって、従来は相続税を払わなくても良い層が払わなければならなくなってきます。
こうした人たちを対象にして新たなスキームでの貸し出しが提案されています。
土地信託は一つの形です。
土地信託そのものは古くからある手法ですが、相続税の増税で再び脚光を浴びることになりました。
鳥を銀行に信託してその運用で挙げた収益をベースに配当を獲得するというスキームです。
資産が事業用になり、収入が安定することで相続税の高い節税効果を実現します。

写真ギャラリー

カードとお金 緑の多い一戸建て 打ち合わせする男女