カードとお金

メリット

人生の中で、住宅の購入は一番大きなお買い物と言える。
最初持ち家が欲しくなったとき、まず最初に行動するのは、不動産で条件に合う中古物件を探しに行ったり、住宅メーカーや工務店で見積もったりするだろう。
その次の行動は、金融機関でローンの相談をして、自分の収入で返済が可能かどうかを検討するのではないだろうか。
さて、私も10年前に金融機関で住宅ローンを借り、新築の注文住宅を購入した。
当時の自分の収入では、貯金がたまってから住宅を建てるというような選択肢はなく、当然ローンの利用は必然的であったが、以外にも金融機関での相談では返済できる計画が提案され、一大決心となった。
ただし、かなり長期の返済計画であったことは否めない。

さて、長期返済にしたため、毎月の返済額を抑えることができ、日々の生活に関してはさほど困窮することはなかった。そして、少しずつではあるが、ある程度貯金もできたとき、妻が少しまとまった貯金を繰り上げ返済すると言い出した。
確かに、ローンの利子は決して安くはない。金額だけを計算すると、とてももったいない気持ちになるのも事実である。
繰り上げ返済すると言い出した妻の気持ちもわからなくもない。しかし、「借金も財産のうち」という言葉もあり、本当に得なのか調べてみた。
利子を減らす意味での繰り上げ返済は非常に効果的ではあるが、持ち金つまり手許現金がなくなることは、キャッシュフローの悪化につながる。また、ローンと同時に掛けてあることが多いのが保険だろう。
返済期間に被保険者が亡くなってしまったら、残りの返済額が保証される。もしもしっかり繰り上げ返済してしまった後に亡くなったりすると、返済しなければよかったと思うだろう。
きっと繰り上げ返済はしなくて良いのではないか。そうは思っても、妻を説得できてはいない。

写真ギャラリー

カードとお金 緑の多い一戸建て 打ち合わせする男女