打ち合わせする男女

情報収集

個人や企業が資金調達を行いたいときには、銀行などのローンが便利である。
しかし融資を受けるときには審査が必要であり、信用度やこれまでの実績などによって融資可能額や適用される金利が決まるのが一般的である。
しかし自宅や会社が保有する土地や建物を担保にすることで、希望する金額を低金利で融資してもらうことも可能であろう。
そのためにローンを上手に活用するためには、不動産を担保にした融資の種類とその仕組みについて学ぶことが重要であろう。
特に個人の場合には自宅を担保にすることで、アパート建設資金や老後資金を確保することが可能である。
その場合には返済シミュレーションを行うことで、計画的に資金調達が行えるであろう。

高度成長期には企業が設備投資に意欲的だったので、不動産担保融資は産業向けが中心であった点が特徴的である。
また運転資金として活用してきた企業が多いのが、その当時のスタイルである。
しかし土地などを担保に低金利の融資を受けて、マンションやオフィスビルの開発に取り組んだ企業が増えたのがバブル期以降のトレンドであろう。
特に最近では長期金利が下がっているので、ローンを活用した不動産投資の最大のチャンスだと考える個人も増加中である。
そのために不動産を担保にしたローンを活用する個人の比率が更に高まるであろう。
また信託銀行をはじめとして個人向けの融資の種類を増やしているので、アパートやマンションの建設資金の調達で不動産担保ローンが利用されるであろう。

写真ギャラリー

カードとお金 緑の多い一戸建て 打ち合わせする男女